大村市上下水道局

  1. トップページ
  2. 大村浄水管理センター
  3. 下水処理のしくみ

処理場のしくみ

処理場には、下水を処理する施設と下水を処理したあとに残るドロ(汚泥)を処理する施設があります。下水の処理は、微生物の働きと沈殿を利用しています。

大村浄水管理センターの仕組み 沈砂池 反応タンク 最終沈殿池 高度処理施設 重力濃縮槽 遠心濃縮機 消化タンク 汚泥脱水機 最初沈殿池 ガスタンク 消化ガス発電装置
※項目クリックすると各説明に移動します。

沈砂池

■ 沈砂池

下水管を流れた下水は処理場に入り、最初に沈砂池と呼ばれる池を通り、下水に含まれている大きなゴミや砂を取り除きます。

最初沈殿池

■ 最初沈殿池

沈砂池から送られてきた下水をゆっくり静かに流し、小さなゴミなどの汚泥を沈めて取り除きます。
取り除いた汚泥は、重力濃縮槽へ送ります。

エアレーションタンク

■反応タンク

最初沈殿池から送られてきた下水に、活性汚泥(好気性微生物を多く含んだ泥)を加え、空気を吹き込みます。
微生物が下水中の汚れを食べることで、水はきれいになり、汚泥は海綿状になります。

最終沈殿池

■最終沈殿池

反応タンクから送られてきた活性汚泥を、ゆっくり静かに流して沈め、きれいになった上澄み水を消毒して、大村湾に放流します。
活性汚泥は反応タンクへ戻し、余分な汚泥は遠心濃縮機に送ります。

重力濃縮槽

■重力濃縮槽

最初沈殿池から送られてきた汚泥を、ゆっくり沈めて濃縮し減量して消化タンクへ送ります。

遠心濃縮機

■遠心濃縮機

最終沈殿池から送られてきた汚泥を、機械濃縮し、消化タンクへ送ります。

消化タンク

■消化タンク

濃縮された汚泥を、嫌気性微生物の働きで発酵させ、減量します。
発酵する過程で消化ガス(メタンガス、炭酸ガス)が発生します。

汚泥脱水機

■汚泥脱水機

消化汚泥は高分子凝集剤を添加した後、ベルトプレス式脱水機で脱水し、水分の少ない土状の脱水ケーキにして、場外で有効利用します。

水質試験室

■水質試験室

処理の主役“微生物”を正しく働かせるために、流入下水や放流水の水質検査・施設の保守・点検監視を常に行っています。

ガスタンク

■ガスタンク

消化ガスは、脱硫塔で硫化水素を除去した後、ガスタンクに一時蓄え、消化ガス発電の燃料として有効利用します。

中央操作室

■中央操作室

処理場には昼夜を問わず下水が流れ込んできます。きれいな水にして大村湾へ放流するために、24時間体制で運転・監視をしています。

消化ガス発電設備

■消化ガス発電設備

消化ガスを燃料とし、25kwのマイクロガスエンジン10基で発電します。

さらに詳しい説明は消化ガス発電事業パンフレットから。

高度処理施設

■高度処理施設

処理水を砂ろ過後、限外ろ過やオゾン酸化などの高度処理を行い、森園公園のせせらぎ用水として送水します。


このページのトップへ↑

大村市役所

大村競艇

(社)大村市観光コンベンション協会

大村市上下水道局
〒856-0825
大村市西三城町124番地
TEL.0957-53-1111(代表)
FAX.0957-53-1440
お問い合わせ suidokyoku@city.omura.nagasaki.jp