大村市上下水道局

  1. トップページ
  2. 事業のご案内
  3. 消化ガス発電事業

消化ガス発電事業

大村市は、下水処理場で発生する消化ガスを発電事業者に売却し、土地借地料とガス売却料、固定資産税等で収益を得ます。発電事業者は、自己資金で発電設備を建設し、「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法(平成23年法律第108号)」に基づく固定価格買取制度(FIT)を利用し、20年間に渡り発電事業を実施します。
本事業は、下水道資源を有効活用し、化石燃料に依存しないエコロジーな発電でCO2排出量の削減に貢献します。

このページのトップへ↑